2020-09

考え

韓国に行きたい!行けなくてもその間も楽しんで待つ方法5つ

韓国に行きたいけれども、コロナで行けない。 韓国に行けるようになるまでどんな心持ちで過ごしたらいいか、何をして過ごすかを考えてまとめました。 韓国好きな人や、韓国に行けるようになれるまで待ってる方、読んでみて下さい。
渡韓後の手続き

【外国人登録証を貰ったら②】多文化家族支援センターの登録と韓国語クラスの申請

外国人登録証を貰ったら結婚移民者は近くの多文化家族支援センターで登録を済ませましょう。 韓国語の授業が無料で受けられたり、ヨガ、カリグラフィ、料理教室などのプログラムや、様々なサポートが受けられます。 登録すると何かイベントやお知らせの際にメッセージが来るようになります。
渡韓後の手続き

【外国人登録証を貰ったら①】住民登録票謄本に外国人配偶者を記載申請する

外国人登録証を貰ったら、近くの住民センターで住民登録票謄本に外国人配偶者の情報も記載申請しに行きましょう。 オンラインでもできるようですが、私は直接行って来ました。 必要書類と、書類の書き方も詳しく載せました。
渡韓後の手続き

【長期滞在者が韓国入国後に最初にすること】外国人登録証の申請から受け取りまで

【90日を越えて滞在する長期滞在者必須】韓国に到着後、することは外国人登録です。 外国人登録は住んでる地域の出入国管理局で行うことができます。 まずHikoreaで訪問予約してから行かなければなりません。申請に行って来た様子をレポートにしました。
渡韓後の手続き

【早期適応プログラム】外国人登録申請前に参加!在留資格を二年にできます

韓国に到着したらまずやることは外国人登録! ですが、その前に「早期適応プログラム」も日にちが合えば受けるのがベストです。 在留期間を1年から2年に無料で延長できる特別なプログラムです。 今回はそのプログラムの体験レポートです。
スポンサーリンク