【韓国人との結婚手続き②】日本で婚姻届けを出す方法

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
婚姻届けを出す

前回の記事では、韓国で先に婚姻届けを提出しました。
未読の場合はまずこちらからチェックしてくださいね。




国際結婚の場合、日本人同士の婚姻と違って両国で婚姻届けを出さなければなりません。
今回は、日本の市役所に「婚姻成立の報告手続き」をします。
報告と言っても、結婚する時と同じように市役所に婚姻届けを提出します。

スポンサーリンク

準備する書類

日本人韓国人
身分証明書(運転免許証など)婚姻関係証明書+日本語訳文
印鑑家族関係証明書+日本語訳文
婚姻届け

日本人の必要書類

  • 身分証明書(運転免許証など)

  • 印鑑

  • 婚姻届けはダウンロード可能
    A3サイズにプリントする。A4は不可

    一般的な婚姻届け(札幌市提供)

    かわいい婚姻届け無料ダウンロード
    私はこちらのサイトで無料でダウンロードしました!
    ダウンロードしたものをセブンイレブンでカラープリントしてから、持って行きました。
    書き間違えることがあるので、家で書ける部分を書いてから書いてわからない所は空欄で持って行くのが良いですよ。

韓国人の必要書類

  • 婚姻関係証明書+日本語訳文

    必ず配偶者名が記載されているもの(韓国で先に結婚している手順なので、婚姻届けを出した後に貰うものは入っているものとなりますが確認しましょう)

    <韓国に2人とも滞在している場合>
    婚姻関係証明書は韓国にある日本大使館でも入手可能ですが
    必ず2人揃って行かなければなりません。

  • 家族関係証明書+日本語訳文

    韓国語の書類は全て、日本語に翻訳。
    翻訳は、市役所で押された印鑑部分までも訳す必要があります。
    翻訳者名、サイン、日付を記入。

  • 韓国では自宅で書類もプリントアウト可能ですが、日本ははんこ文化なのではんこを重視しそうだと言う事で、はんこが貰える書類は市役所で出してもらったそうです。

準備したけど不要だったもの

  • 韓国人のパスポートのコピー
  • 韓国人の印鑑
  • 韓国人の基本証明書+日本語訳文

婚姻届けの書き方参考

〇〇長殿
氏名ふりがな
漢字氏名
ひらがな、カタカナどちらでも
漢字があれば漢字で記入
生年月日2名とも西暦で統一して記入外国人は西暦と言われたので統一しました
住所韓国の住所を漢字で記入日本人も同様に記入
本籍韓国日本の本籍地
父母の氏名漢字で記入
新しい本籍地新本籍を記入新しく本籍地を決めて作ります
同居を始めたとき記入するあれば書きます
初婚・再婚の別チェックする同様にチェック
届出人記入しない・押印もしない日本人のみ記入
右側ページ証人必要なし

  • 証人欄は必要なし、記入しません。
    韓国での結婚を報告する手続きのため、日本で後から報告の際には証人記入は不要。

  • 韓国人の名前の漢字記入は韓国式の漢字日本式の漢字があります。
    韓国で入手できる書類の漢字の方に合わせて厳密に書きます。
    出す書類と一致させなければいけません。

  • 韓国人側の印鑑は押しません。サインもしません。←ここは気を付けて!

以下のサイトも部分的に参考にさせて貰いました。
どんな感じで書くかイメージがつきました。

国際結婚の婚姻届の書き方(日本で先に結婚)

事前にわかる部分書いていって、わからない部分はその場で書いたんですが
自信がなければ全部その場で聞いても構わないと思います!
折角カラープリントしたなら間違えたくないですしね。

EMS所要日数

EMS所要日数

書類はEMSを利用して郵送しました。
この時はコロナの為に通常よりは時間がかかると言われました。
コロナ流行時は、飛行機が飛んでる数が少なくなるので通常より荷物の配達が遅れます。

いつ送るかによっても、かかる日数が変わってきますが参考に日数を書いておきます。


日本⇒韓国 4日間で到着
韓国⇒日本 2週間で到着

時期にもよるものであり、韓国⇒日本はもっと早く到着している方もいました。
荷物が今どこらへんにあるかチェックしはじめると、待つ時間が長く感じるので特にチェックしませんでした。
あまりチェックしないで、たま~にチェックするぐらいがいいと思います。個人的意見です。

婚姻届け提出後に、関連書類が出るまでにかかった時間

韓国から送られてきた配偶者の書類と日本人の書類を合わせて市役所で提出後
新しい戸籍謄本が入手できます。

通常は1週間~10日ほどかかりますが、今回は3日ぐらいで入手できました。

その後に準備する配偶者ビザでは日本人の戸籍謄本は不要でした。
管轄の大使館によって、必要書類が若干異なるようです。

戸籍謄本が後で追加と言われるのも考えて、念のため戸籍謄本も含め
全ての書類を揃えてビザの申請にむかいました。

できたらこれもやっておこう

運転免許の本籍地を変更
新しい本籍地の載った住民票を持って運転免許の本籍地変更もしました。


STEP2完了、次は最大の難関であるF6ビザの申請を準備します!

F6ビザの申請方法は下からどうぞ


STEP2完了